2007年10月09日

Science Friction / XTC 1977/10

0-070922-02.jpg

Science Friction
XTC
1977/10


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
00000-1.jpg

ホワイト・ミュージック(紙ジャケット仕様)

White Music

00000-2.jpg

ろっくす特製でかい画像ページ也。

00000-3.jpg

XTC - Science Friction
http://jp.youtube.com/watch?v=XIRKA6y9m7M


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ろっくすメルマガ”週刊ロック青年”の「チャートでロック:英国編」もいよいよ77年の秋に入りました。
ついこないだパンク登場、おーピストルズおーストラングラーズおーラモーンズと喜んでいたら、Bの頭文字のバンドがニュー・ウエイヴの幕開けを飾ってしまったのだ。
パンドラの箱を開けてしまったらお化けは待つこと知らず。
そんな中、Bのバンドに遅れること1月、10月にシングル・デビューしたのが、XTCです。
”エクスタシー”と読むんだぜとか言ってたのが今では恥ずかしい。
ぷりぷりぴちぴちしてる演奏映像が恥ずかしい。
そここそが魅力の最初期、

サイエンス・フィクション

0-070922-00.jpg

正にデビューに相応しき曲だ。まるでヒットせず。もしかしたら41位で止まって見えなかっただけかもしれんが。
何故だ何故だ何故だ何故だ何故なんだ。ぴかりんこちゃんがメンバーにいたからか?いいじゃないか、後ろ髪から持って来て頭にちょんとマゲを貼り付けただけでも相撲は取れる。
怨み晴らさずにおくべきかー。あとで後悔するぞなんちゃって。
デビュー時に、チャートインしなかったバンドは、仰山おるからの、気にせんでええんです。そもそもそないなこと気にせんのがパンクスすくんぱだからよ。

それではあなたです。そんな顔で歌っていたんだぞアンディ君。見ちゃった、あはは。

0-070922-01.jpg



僕は夜に窓から外を見ていた
星が見えました 恐ろしさで一杯になったんだ
誰かが見ているような気がしてさささささささ

それはベッドの脚元のエイリアンじゃないだろうかいな
液体状の酒エールよりもっとぐにゃぐにゃしたものが僕のベッドの中に
何か何かを料理してるような気になっちまったい

空想科学小説が僕の指を焦がす
電気がまだビリビリしてまんねん
へい、その光線止めてくれませんか 火星人さん、何語で話せばいいんですか
好きです

僕はマンガを最初から最後まで読んでるんだ
どんな攻撃だって大丈夫なんだぞ
誰かが見てるよ、そんな気がする

それはベッドの脚元のエイリアンじゃないだろうかいな
液体状の酒エールよりもっとぐにゃぐにゃしたものが僕のベッドの中に
何か何かを料理してるような気になっちまったい

空想科学小説が僕の指を焦がす
電気がまだビリビリしてまんねん
へい、その光線止めてくれませんか 火星人さん、何語で話せばいいんですか
あなたを愛してますってば

ぴーひょろぷちゃかてけとんとん
ぐがぐぐがぐが

0-070922-08.jpg

空想科学小説が僕の指を焦がす
電気がまだビリビリしてまんねん
へい、その光線止めてくれませんか 火星人さん、何語で話せばいいんですか
あなたを愛してますってば

それはベッドの脚元のエイリアンじゃないだろうかいな
液体状の酒エールよりもっとぐにゃぐにゃしたものが僕のベッドの中に
何か何かを料理してるような気になっちまったい
それはベッドの脚元のエイリアンじゃないだろうかいな
液体状の酒エールよりもっとぐにゃぐにゃしたものが僕のベッドの中に
何か何かを料理してるような気になっちまったい

空想科学小説が僕の指を焦がす
電気がまだビリビリしてまんねん
へい、その光線止めてくれませんか 火星人さん、何語で話せばいいんですか
あなたを愛してますってばよううう

ちゃん



何がNWだって、生活と社会に怒ってませんてば。火星人と会ったんですがな。
そりゃ怖い。
でも会いたかったんだよー。
な様を唄っているXTC、1stシングル。

記念です。


0-070922-09.jpg

&こないだそっくりの歌詞の曲を讃えたような気が・・・・。
あ、そうだ。ハース・マルティネスさんの曲だ。

http://rocks.studio-web.net/bou/hirth/earth.html

全然音楽違うのにーーーー。

(山)2007.9.22


ろっくすXTCのページ

資料


The English translation page : here.



.


posted by 山 at 22:04| Comment(1) | TrackBack(0) | X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

Wonderland / XTC 1983

01b3-13a3.jpg

今回の「完璧なシングル」は
「ワンダーランド/Wonderland」
XTC
です。
存在自体がクリスマスなアルバム「ママー
01b6abcd07.jpg←ではない
からのひっそりとしたシングル・カット。作と歌ははミスター・ワンダー・ポップのコリン・ムールディングさん01b4-1a9.jpgです。どこかクリスマスなんだろと思うに・・・???。何かクリスマス。元々冬の国の冬の音楽の冬のバンドがほっと一息、人肌してみようと作ったアルバムだからかもしれません。全世界で87%はジーザスうんぬんゆうよりサンタが主役、うんにゃ鳥と小麦粉には気の毒だが何かお祭、何か楽しくて戦いも一休み、ご馳走食べてっての、実はもっともイエス様が望んだ姿かも。それはだからワンダーランド。果たしてこの世に楽園はあるのか。
自ら作らねばならないよきっと。
001.gif



見えるかい?
ラブと愛情 
そこに示されるとき
それはあなたの望むこと
あなたの神秘楽園に包まれて

ゆっくりと走ることは
あなたを育む
紳士
あなたは結ばれたと思い
素晴らしい楽園に閉じこもる

私みたいな思いがけない人間では君を縛り付けることなんか出来ません
君にとって明らかに間抜けな私

ある日あなたは自分の名前から解放されるでしょう
そしていつか君自身のために私を望む日が来る
その時、心からようこそと私は言います

深夜の饗宴にて
全ての会話は
きどったやからを惑わせます
貴方のマジカル・ワンダーランドにて
深さから外れ
階級から外れ
君の人生の様相は
変化の兆し
悲劇的楽園に捕らえられて
光り輝く富の全てが台無し
まもなく自業自得で転落する時が参るのでそのつもりで

ある日あなたは自分の名前から解放されるでしょう
そしていつか君自身のために私を望む日が来る
その時、心からようこそと私は言います

あなたの神秘楽園に包まれて

薄っぺらで
ありもしない
御伽噺な
ワンダーランドにて



例によって私の力及ばぬ解釈訳です。びっくりしたなもうつうか、でもやっぱりかな。そうそう聴き手の思う通りにやってくれるほど音楽甘く無し。それにしても・・皮肉たっぷり六本木昼ズ族への歌だったとは(だよな)。光り輝く富にまるで縁の無い身としては、そうだそうだと共に快哉を叫びたい気分で・・・、ありますが・・・、やっぱり私が想う「ワンダーランド」は「ワンダーランド」で別にいて貰い・・迎えますクリスマス。暖かい歌声、チャイニーズなピコポン・シンセとデイブ・グレゴリー氏の流し素麺みたいな麗しのギターに包まれて自家製フライドチキンをささやかに食べれればそれで幸せ。
かなりのワンダーランドだと思う。
(山)2005.12.24

01menu2-1a9a.jpg

ろっくすママーなページ

入手先参考(日本盤アマゾン)

試聴はこちらで(輸入盤同)

by Yama
BY AUTO TRANSLATION
SORRY,Mistranslation multi.


*This "Perfection and single"
It is "Wonderland/Wonderland" XTC.
Existence is a quiet single from album "Mama" of Christmas. It is Colin Mulding of the work and song Mi star wonder pop. It is Christmas somewhere or to the desire of. Some Christmases. Because the band of winter of the music of winter in the country of winter is breath feeling relieved, person skin, and a made album, it is not originally. Is it, and? is it a leading part, the bird, does it something happy, it taken a rest, it treated, eat the fight, the Jesus commenting Santa an appearance in 87% for which Jesus hoped whether they are some festivals in all parts of the world though it is poor to flour or .. ..deflecting nakedness.. wonderland. Is there really a paradise in this world?
Own ..it is necessary to make it...



Do you see it?
Love and love
When it is shown there
You must hope for it.
It is encompassed in your mystery paradise.

Running slowly
You are brought up.
Gentleman
You think the connection.
It shuts oneself up in a wonderful paradise.

I obviously stupid for you who cannot bind you in man who is not
desire cliff of me

At that time of coming of the day when it is likely to be liberated
from my name and I am hoped for you some time, only a way and I
sincere say you on a certain day.

In the feast at midnight
All the conversations
It is made to be puzzled as soon as it affects it.
It comes off from the coming off class depth in your magical
wonderland.
The aspect of your life is a symptom of the change.
All of the wealth that is captured in a tragic paradise and shines
are spoiled.
That at the time that falls by the consequence of one's deeds soon
because of coming.

At that time of coming of the day when it is likely to be liberated
from my name and I am hoped for you some time, only a way and I
sincere say you on a certain day.

It is encompassed in your mystery paradise.

In thinness
It is false.
Togi
In the wonderland



It is my interpretation translation of power according to the example that doesn't reach. Surprise , is an after all Japanese syllabary. It is music Ama ..turning over.. Mu as thought by the listener so often by doing. However, ‥ What is it the song to Roppongi Hil Z family () enough sarcastically?In feelings that are so and want to shout with delight as a body that there is at all no edge in the shining wealth ・・・ Though it is ・・・ It is "Wonderland" and exist separately for "Wonderland" that I think of after all ‥ Received Christmas. Warm..singing voice..Chinese..sink..vermicelli..
elegant..guitar..encompass..homemade..fried..chicken..
small..eat..happy.
I think that it is a considerable wonderland.

posted by 山 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | X | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。