2007年06月15日

Souvenir / Orchestral Manoeuvres In The Dark 1981/9/5

0-070615-07-.jpg

Souvenir
Orchestral Manoeuvres In The Dark
1981/9/5


ああ80’s。テクノなるエレクトロPOPの時代。
しとびとは夜にはその妙なるビコビコの調べに酔い踊り、しるにはしたすらアンニュイしましたのです。
ニポンにはニポンのテクノ有り、Yの兄さん達が引っ張る。
欧州では雨の後職人仕事のおっさんがロボト電卓し、
そしてここ英国では二人の若者がまだ道具でありました電気シンセの音を日夜作っていたのです。
それはOMD。約してオーケストラル・マヌーバーズ・イン・ザ・ダーク。長いよ。
我が国の言葉に直すと
”暗闇におけるオーケストラの操縦”
暗闇ではさぞ暗く往生したことでしょう。
実際先人たちのせぬことを何とかものしようとその微かな手掛かりをもとに日夜精進していた訳であり。
1981年9月5日英国チャート23位初登場は

愛のスーベニア

0-070615-06.jpg

スーベニアとは記念品またはおみやげとの意味。おみやげおみやげ嬉しいな。
3曲目のヒットとなります前作はエノラ・ゲイの悲劇。その自ら作った音をば解体して再び作りましたのが
アルバム「アーキテクチャー&モラリティ〜建築物と道徳」。

0-070615-11.jpg

けっして構造計算手抜きしません、コンクリートに水なんか混ぜません。
すべての建築物は、いかに設計しようと、現場のプライドと誇りによって立ち上がっております。
音楽も同じだ。
誰も見ていないところでヒンズースクワット1000回やってます。ましてやまだシンセが道具だった頃、
自分の感覚により全ての音を構築することが可能でした。
何をOMDは作りたかったか。
欧州のある場所のある空気だろうとしか想像不能です。
ここは、それがどこだか是非聴いて、嗅いで下さい。

0-070615-05.jpg


それは私の方向
それは私の提案
それはとても為しがたく
それは私を堕落へと導く

私の妄想
 それは私の創造
 あなたは理解なさるでしょう
 それは今大切ではありません

私が必要とするものは、整合のみです
 私は想像することが出来ません
 私の目的地を

私の意志 
私の意見を尋ねて下さい
 何も言わずに
私の感覚はまだ残っています

 私の感覚はまだ残っています


これが”おみやげ”って題の曲です。
どこがやーーーーーっ。
失礼しました。無念無想内解脱常の境地にてこれを聴からば、ある一定の方向からある一定の風景と景色と香りが漂って来ます。
それをば何の躊躇も無く、心の手で掬い取って下さい。
さすらば
あなたに福を授けようぞ。
そなたをお守りする絶対無比Sの守護さまが
そらそなたの肩の上に・・・・

どうりで肩こりが最近・・・

違うってばさ。

おみやげ。


(山)2007.6.15


ろっくすOMDのページ

HTML版

資料

入手先参考、日本盤,アマゾン

UK盤,アマゾン


記念品動画

OMD - Souvenir
http://www.youtube.com/watch?v=xdz0jas03pc


OMD: Souvenir live
http://www.youtube.com/watch?v=Aqj_W3bcNao


The English translation page : here.
posted by 山 at 09:58| Comment(0) | TrackBack(1) | O | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

山谷ブルース わたしを断罪せよ / 岡林信康 1969/8より

0-070219-05.jpg

わたしを断罪せよ
岡林信康
1969/8


岡林信康氏の1968年9月作第一集盤

わたしを断罪せよ
0-070219-07.jpg

です。日本のスティッフ・レコードのURCから発売。わたくしどこから見ても倭人なのに今年に入ってから邦楽本格入りいたしました。
断罪されてしまいます。

0-070219-08.jpg

実際聴いたらされちゃったよ。入手三枚目のこのアルバムで。
一作目てことで今度はさすがにフォークだろうと思ったらフォークだった。形は。今じゃどうでもいいけど。一曲目「今日をこえて」でもろ「ライカ・ローリングストーン」の音が出て来て苦笑いたす。だって演奏もミックスもまんまでして、器用です真似ならばっちし日本人、お前もそうだろ、断罪するならしろって。
アカペラも有り、最後には丁寧な挨拶も入ってて容赦無き気恥ずかしさ、赤裸々丸裸でいいのかーって笑ってられるのもそこまでだった。
必死に笑ってたのだ。
どーんと来ます、そのあとじわじわと。
私にとって稀代の暗黒アルバムになってしまい。
どれくらい暗黒かってゆうと、母国人が英語丸わかりでジョイ・ディビジョン1st聴いたくらい、レゲエのカルチャーのアフリカ・スタンド・アローンを聴いたくらい、これは言葉わからんでも来ちゃうリー・ペリー氏のスーパー・エイプの逆襲を聴いたくらい。
それぞれちょうど大学入った頃、聴いたブツで、見事なくらい5月病にさせてくれたわ。
やばいです。こんな親父になって同じくらい来たよ。
怖くて何回も聴けません。
だいたいど真ん中に入ってる

山谷ブルース
0-070219-10.jpg

がいかん。
有名な曲で名前は知っておりましたが、真正面から聴くのは初めてだ。
おおお、明日のジョーだ。泪橋だ。ってあまりのことに笑う。で、だから笑ってるのは最初の2秒だけ。
歌唄いでどうしょも無く生まれた方は、イタコなんだと思います。その身で見たこと聞いたこと浴びたことを歌にせざるを得ない。感受性てのが飛び抜けて強い。歌にして唄ってそのあとそれがどうなるかまではわからんけど唄わざるを得ない。
山谷とゆうのはご存知の通り、東京の日雇い労働者の集まるドヤ街で、実際に岡林氏は同志社大学から追んでたあと、そこで働いたと。伝説で勝手にこの歌を書く為に長期間滞在したとかなんとか言われ。実際は一週間だったとか。それでやることと唄うことが違うとか非難されたとか。
そりゃ一週間しか耐えられなかったと思う。強力なイタコがそこにいたら強烈な体験であればあるほど、それを吸い尽くしてしまい、抜け出せなくなっちゃうよ。はては歌どころか己崩壊になってしまうぞ。歌を作るために滞在なんてのは不遜極まる表現で、生きていくために働かざるを得なかったってそりゃ当たり前のことだ。訳有りで行き着く先がそこなんだから。

わたしは山谷には行った事がありません。でも、日雇いの人たちとビッタシ暮らしてたような時期がありまして。今の仕事やる前は建築会社の現場職員をやってました。文系出身なのに。バンドやりながら働いてるうちに縁が縁を呼んでそうゆうことに。バブルで建築ラッシュ、人手がそれこそ猫の手も借りたいって時だったんだな。
それでまあ知識は0みたいなもんでいきなし現場で監督しなきゃいけない羽目に。当然下っ端でありまんがな。下っ端がやることといやあ雑役、そしていわゆる土方さん、正式には土工さん、または雑役人夫と呼ばれる人に指示して仕事やってもらう。
色んな人がいました。
アル中で指ブルブルの人とか。だいたいが宿舎からバンに乗って送り迎えして貰う(途中失踪するのを防ぐためもあり)のが常なんだけど、人数が少ない時は交通費貰って現場に来てたんす。その人は、仕事終わってからワンカップが飲みたいためにその交通費を節約、宿舎までの2時間を歩いて帰っただよ。
その会社に入った時てのも凄くて、新宿からこれまた徒歩で厚木まで辿り着きたまたま有ったそこで拾われたと。
凄い仕事出来る人もいました。何でまたこの仕事やってるんだろうと思ったら、突然来なくなった。
何でも関西から人が迎えに来て帰ったとか。元板前さんだったとか。
持病持ちの人も。目の前で苦しんでても仕事をして貰わなきゃならない。何とか形だけカッコつくように考えたけど。
ブラジルから来た方々ともお仕事。全然働かずこれが。動いてもらうにはこちらから動かなきゃいかんと先頭切って必死こいたんだけど、そしたら、
「監督さん、何でそんなに働くの?」だって。
まともに聞かれて答えられなかった。
そりゃ怖かったからだ。生活出来なくなるのが。
この歌のむこうにはその怖さが見えます。もしそうなったらどうなっちゃうのかって。
今でも、何にも変わっちゃいない。

0-070219-09.jpg

「だけどおれちゃいなくなりゃ ビルも 道路もできゃしねえ 誰もわかっちゃくれねえぜ」
「はたらくおれたちのよのなかが きっとくるぜそのうちに その日にゃ泣こうぜうれし泣き」

それから40年近く経ってます。まだうれし泣き出来ない。それどころか・・・。
どっかの首相が「努力しただけ報酬が貰える世の中が正しい」とかほざいてる。
人はそれこそ気が遠くなるほど色んな人がいます。
世間でゆう才能が有る人も、無い人も。要領よく金儲けが出来る人も、何をやっても金にならないことしか出来ない人も。
生まれつき金のある環境に育った人も、親から貰おうにもこっちから上げなきゃいかん人も。
それぞれ必死だったり、不真面目だったり、
それが社会とか国とかゆうもんじゃないか。
どんな人も幸せに生きちゃいかんて言うのなら、そこは人の国じゃなくてケダモノのただうろつく地獄ってことになる。
それを堂々と言ってる21世紀。
怖くて何回もこの盤を聴けません。

この直後、岡林氏は失踪(2回目になるのか)したらしい。けっこうええ加減な方にも思える。
ええ加減じゃねえとこのイタコ状態には耐えられないでありましょう。
失踪も出来るって、思えば勇気要ることで。どうやって暮らすんだろう。あなたには出来ますか?

0-070219-01.jpg


(山)2007.2.19



Mr.Oのページ

でかいジャケットのページ


入手先参考、アマゾン


森達也『放送禁止歌』ドキュメンタリー (6/6)(”手紙”歌唱)
http://www.youtube.com/watch?v=4rdQ4VSoF0Q


The English translation page : here.


タグ:岡林 信康
posted by 山 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | O | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

Back Stabbers / The O'Jays 1972

0-061220-04.jpg

Back Stabbers
The O'Jays
1972


そうとう不機嫌そうなおっさん三人。
こっちを睨みつけてます。
誰あろうオージェイズ。
フィリー・ソウル略してフィラデルフィア・ソウルのチャーミング派の筆頭がスピナーズ、男前派の筆頭がテディ・ペンタグラス氏擁するハロルド・メルビン&ザ・ブルー・ノーツだとすれば

武闘派の筆頭です。

その腕ひしぎ逆十字の切れ味が最も鋭かった頃、
1972年の盤がこの

バック・スタバーズ
裏切り者のテーマ


0-061220-06.jpg

フィラデルフィアはご存知の通り北の東に位置する米でも最も歴史の有る都市です。南北戦争でいやあ北だからブラック民は自由だったかつうと、聞くと
ころによりますとその歴史の分だけ問題山積み、大変な状況は今もなお解決せず悶え苦しんでられるそうです。北だから自由なんてーのは共和党は保守、
民主党はリベラルってなくらい胡散臭い話で、アメリカが食い物にしてたのは外国のみならず、実は自分の国の力無き人たちだっつう。
黙ってられません。
言いたい事は山ほど有ります
とゆうのがこのアルバムです。フィリー・ソウルです。
何しろこちとら和人なんで、言葉わからず、フィリーといやあ東京音楽祭&スリー・ディグリーズ&スタイリスティックスなどなど、華麗な衣装に華麗なストリングス&華麗なライス、ゴージャスなソウルだってずっと思ってたよ。
確かにゴージャスだし、当たりも柔らかい。
少しづつこちとらも親父になって色んなレコ聞いて、どうもこれは様子が違うかもと思い始め
さらにここへ来て日本でも正体が明らかになってきた9割の国民を食い物にしてるって現実だ。
真っ向から受ける立場になってどんどん染みて来たよ。
説明されれば、理屈ではわかるけど、実感としては当事者にならんとわからんものだなあ。それはいじめ(←他に言葉は無いのか)と同様で。

このサウンドの華麗さは、ブルースの言ってみりゃああの貧相さと同じくらい切実なものだと感じてます。

黒い男三人が、鼻息ふんふんさせて息を吐き出し歌っている。ギター・ソロも無し。フロントに誰が立つでも無し。
歌があるだけ。ガシっと音を鳴らすバック。弦は光りながら絡み付いている。
歌詞の中身を解釈すればなおさら来ることは間違いないだろうけど、ただ聴いてるだけでも音楽は厳しさを伝えます。

タイトル曲の「裏切り者のテーマ」は以前、介錯仕って貰いました。
笑って愛想が良く近づいて来るヤツにろくなやつはいない。後ろから寝首をかかれることなかれ。とゆう歌。
歳とって寝首をかかれればかかれるほどたまらなくなってくるわ。

「世界に平和が訪れる時」「俺は誰なんだ」「どーんと落ち込むとき」「992 議論」「無能で、疑わしくて、嫉妬している種類の人々」とタイトルだけでも重い、曲はなおさら重い、音は軽やかがづんづん続いての

最後に待ち構えてる曲は、大ヒット曲

ラブ・トレイン

0-061220-08.jpg

これだけ聴くと、これだけシングルで聴いていた時は長し、のほほんと世界よ連帯せよって・・・現実的じゃ無い理想を歌っているのかって思ってしまうよ。思ってました。自らを恥じます。
アルバムで聴いてここに到達して戦慄を覚えました。
理想も何も、そうしなきゃ結局のところ、人類全部破滅だよって地獄の底からうめいている。
マジ、デス・メタルかも。血まみれになった人から刺さないで下さいって言われたら・・・刺すヤツは狂ってるぞ。


人々 世界にいる全員 すべて
手を結べ
愛の列車を出発させよ 愛の列車だ

人々 世界にいる全員 すべて 今
手を結べ 愛で共に
愛の列車を出発させよ 愛の列車
もうすぐに次の停車駅となります
全ての民に教えよう ロシア、中国、にも
議題に登る時が来たのがわからないか
そしてこの列車を走り続けさせよう 走り通させよう
そうそう
世界中の人々 金なんか必要としない
手を結べ(かもん)
愛の列車を出発させよ 愛の列車(乗車券は無用、乗りな)
世界中の人々(乗りなよ、この列車に乗りなよ)
手を結べ(乗りなよ)
愛の列車を出発させよう 愛の列車

0-061220-07.jpg

君たち兄弟全部 アフリカにいる
全ての人に教えよう エジプトの、そしてイスラエルの人にも
どうかその駅でこの列車に乗り損ねることがないように
何故なら もしあなたが乗り損ねたら 俺は申し訳なく思う 君に申し訳ない
そう
世界中の人々(姉妹そして兄弟)
手を結ぼう(結ぼう、カモン)
愛の列車を出発させよう 愛の列車
世界中の人々(乗車券無用)
手を結ぼう(カモン、乗りなよ)
愛の列車を出発させよう 愛の列車

乗ろう さあ乗ろう
乗ろう 乗ろう

呪うじゃありませんから”乗ろう”ですからー。
明らかに乗車させるのを邪魔するヤツラおり。
相手せず、どうやってシカトして乗り込むかが、最大の難関であります。


(山)2006.12.20

でかいジャケットのページ

入手先参考、日本盤、アマゾン

入手先参考、試聴可能です、US盤、アマゾン


裏切り者の動画

The O'jays - backstabbers
http://www.youtube.com/watch?v=B4AZAgLowO4


Love Train Music Video
http://www.youtube.com/watch?v=eEUKW99ohuw

The O'Jays "Love Train"
http://www.youtube.com/watch?v=QySvIS5WHDY

Rolling Stones "Love Train" 2003
http://www.youtube.com/watch?v=4OhBYtiio1I


The English translation page : here.
posted by 山 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | O | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

Shot In the Dark from The Ultimate Sin / Ozzy Osbourne 1986

0-0-0-0-ozsin-02.jpg

The Ultimate Sin
Ozzy Osbourne
1986


誰がやってもこうなるってもんじゃねえぜっ。
あ、失礼。週刊ヘヴィメタおじさんの時間がやってまいりました。現場より記者の山です。
ですからオジーちゃんだから出来るんです。1986年発表のアルバム
罪と罰
前作「月に吼える」」のセールス不振で(あの傑作完璧お馬鹿歌馬鹿だもんがシングルヒットせなかったなんてー)、一念発起酒浸り〜入院〜健康体となったおじちゃんが、あのドストエフスキー好きの大作
0-0-0-0-ozsin-17.jpg
をモチーフにして壮大なる絵巻をものしたものじゃ無くて相変わらずオジがオジしたアルバムだ。それが罪と罰
ラストに控えしはまたも完璧シングルうきうき。それに至るまで、まーたんたんターンと歌うのよ。それでいて妙にメロディアス。それでいてあれだ1曲目のタイトル曲「折れてねえよ芯」のたんたんたんたたって行進少年隊のドラムに合わせて、ぎーぎゃご、ずじゃじょー、ずじゃぐぎゃっごーってエレキの刻みを聴いて戦慄が体内を駆け巡ればあなただってメタル者ですよ。ウイルコ・ジョンソン師のファンもやられる。

もーそりゃ80’sメタルそのものだい。だと思う。
同時にこんな和んでいいのかいと思えるほどこちらもリラックスして楽しくて、だからこれは人徳だ。
誰がやってもこうなるってもんじゃねえぜっ。
オジーちゃんだからだ。
曲のコンビたるジェイク氏もワンダホー。影になり影になり発情するギター共々忍者の鏡だニンニン。
0-0-0-0-ozsin-13.jpg
派手なくせに地味な感じがするのは、すげー真面目に作ったからだと思う。これでまたしても売れなくてもその後30年かけてどんどん効いてくるからOK。でも売れたてか。アルバム最高位6位全米。そりゃそうだ。問題のシングルも「メインストリームロック」チャート、一体そりゃ何だ、で最高位10位だから成功したんだろう。「馬鹿だもん」が顔も出さなかったのはメタルバッシングの中で大誤解されたからかな。
今回も懲りずに、怖いようのジャケだけんど、実はワクワク人生音楽だってことがわかってくれました。お父さんもお母さんもPTA会長さんもこっそりビデオ見て大笑い。です。
曲名も粋だー。
B面1曲目「ライトニン・ストライクス」てばあの凶顔ブルース爺さんライトニン・ホプキンス氏の名盤タイトルやよ。
0-0-0-0-ozsin-18.jpg
0-0-0-0-ozsin-19.jpg
歌うホプキンス氏動画

偶然ですかー。♪わたしゃガイジンじゃないよ♪って歌う。
キラー・オブ・ジャイアンツはCSN&YのY抜き&XTCにメロ(ママー)に似てるし。
メタル外の妙なところではまる。
それでついに来ました最後の必殺

Shot in the Dark

邦題は

暗闇にドッキリ!

ショット・イン・ザ・ダークと聞いて即座にこう付けた邦盤デレクターさんと黙って握手握手。
ショット・イン・ザ・ダークと聞いたら愛しのピーターさんだがや。セラーズ師匠。
0-0-0-0-ozsin-14.jpg
ピンクパンサーの外道最高傑作映画と同じでし。
0-0-0-0-ozsin-15.jpg
ただしあちらは「暗闇でドッキリ」。微妙に変えてるとこがまた素敵。って、うろ覚えでそう思い込んでたのだったりして。
0-0-0-0-ozsin-16.jpg
↑ヘンリー・マンシーニ氏のももち完璧
この曲に限り新加入のベーシスト、フィル・スーザンさんとの共作です。色を変えずにこの傑曲。
みんなオジーちゃん好きだ。

0-0-0-0-ozsin-08.jpg

街外れに出ました俺は夜に忍び寄る
てめえの荒い息遣いが聞こえます
仕事の代償は支払ったつもりだけんども、どーもヤバい雰囲気
信じられないすよ 何か起こりそうだ

声が聞こえる俺の頭の中からずんずん
ああ聞こえるーー聞こえるううう
数々の悪行わわわわわ
そんなもん気になんかしてられまっか

でも暗闇からドッキリ!一歩離れたあそこから
暗闇から一発ドッキリ! いつだって不意打ち そうさ

0-0-0-0-ozsin-06.jpg

力ってもんがえれえもんだっていつだって教えられたもんだ
理由なんか知るもんかい
そんなもん聞いてやるか俺は戦う術を学ぶんだい
やたらと逆らうためだけに僕は心を開きます

でも傷だらけの人生 それに気付いた時は遅すぎて
思い出しちゃったよ 降参です
俺を憎んでる奴のことはシカトしてきたんだけど
今ややつら俺のこと馬鹿にしてやがる

0-0-0-0-ozsin-07.jpg

でも暗闇からドッキリ!一歩離れたあそこから
暗闇でドッキリ 避けられやしない
暗闇から一発ドッキリ! いつだって不意打ち そうさ

0-0-0-0-ozsin-09.jpg


真面目です。少年院で講演してる元アクタレさんみたい。
何のかんの言ってもちゃんと生きなきゃいけません。
って、あのメイクで言われますと
説得力
あるかーーー(^0^)。
あるかも。

0-0-0-0-ozsin-11.jpg

(山)2006.7.21

ろっくすオジーちゃんのページ

でかいジャケットのページ

入手先参考(日本盤CD、アマゾン)


試聴はこちらで(US盤、同)

罪な罰な動画集

The Ultimate Sin


The Ultimate Sin Live UK TV 1986

Shot in the Dark

Lightning Strikes live

Killer of giants



The English translation page : here.

posted by 山 at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | O | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

Bark at the Moon / Ozzy Osbourne 1983

0-0-0-aaa0aozm-1bro.jpg

Bark at the Moon
Ozzy Osbourne
1983


*メタル界のアイドル親父、そしてメタル界のニール・ヤングちゃんといやぁこのオジー・オズボーン氏に他成りません。すっかり家族ごとそのオジ世界に引き釣り込んで家庭崩壊を力づくで止めた(?)理想のロック・パパさんでもある。
そんなオジーちゃんのテーマ曲といやあ
「月に吼えろ、てか、バカだもん」。
でアルバムといやぁそれがタイトルで、収録されてますこの
Bark at the Moon。
バークにまかせろ。0-0-0-aaa0aozm-1elf.jpgなんてね。
メタル界では何つってもバンドである事が基本。それから有りならギタリストのソロ・アルバムてことで、ソロで独立して成功となると、誰がおるかのうと一般ロック愛好家は考えてしまう昨今、オジーちゃんの最高に凄ぇとこはそれを成し遂げたことであります。オジーつうキャラ前面と共に「オジー・オズボーン」って名前をそのままバンド名として捕らえさせるつう荒技しちゃうメンツとプロデュース能力。
0-0-0-aaa0aozm-1ba4.jpg
これらは全て奥さんのシャロンさんの功績・・・なのかー?だったりして。
歌もそんなに上手くなく、ステージ・アクションといやあ、練り歩くだけ。それでも
これだけ人気があるのは、丸顔だからだけでもなく、何もファミリーでTVでバカだもんしてるだけでもなく、ちあんとした理由が有り。
0-0-0-aaa0aozm-1ba.jpg
↑ファミリーアルバムだ

音楽聴けばわかります。この盤聴けばわかる。
曲がワンダホ。作曲家としてオジーちゃんはメタル界屈指でござる。なんつっても音楽は曲。いくらプレイが最高でも生かすも殺すも曲。それは別にメタルであっても同じで、メタル内での人気で納まるか、それ超えて嫌いな人まで捕らえるかはそこにあるかと。素敵なメロは歌いたくなるもんね。さー歌いましょう。
バカだもん
0-0-0-aaa0aozm-5touch1.jpg

好きーですサイレン 上でも出そう無い
別にボーリング
必殺キラーだあ
今夜の番組、録画
リスに応援を昼
バカだもん ははははははははははははは

いやあまったくトメ
仮にもババア くれー
ナウ 銀座ナウ
見なくちゃ何とせい
農家とビスケット、ロケット
リスに応援を昼
バカだもん
えいえ
バカだもん

で、母ちゃんバリバリ
ロン毛で、ぶう
縁遠いタンスでゴーン ごん
陰険でばかりの堀は
ピンフ(平和)だけなのロン それロン
おいえ べいべ

(エアギターどうぞ)

這うように車道
意味無くドナ(マーティン)0-0-0-aaa0aozm-a2.jpgしてーる
ひーかりファイバー
テプコと申す減る
農家とビスケット、ロケット
リスに応援を昼
バカだもん えいええー
バカだもん へいへ
バカだもん 王王王
バカだもん 青

やり始めてから後悔したよ。俺がバカだもん。ですからどーぞ、これで歌って下さい。駄目〜。
なおこれに留まらずアップの曲のサビ掴みは、そりゃもう容赦無きものです。頭バッキンだけでなく一緒に合唱したくなること請け合い。
そして何よりもバラード。
いっとくけどわしゃバラードには星一徹のように容赦せん。ありゃ何となく作ろうとすりゃ出来ちゃうもんな。型がそりゃもうガッチリあるし。しかして素敵なもん作るとなるとこれが至難の技。箸休めみたいに油断して作る輩は大バラード妖精ギブス装着させるぞ。その点、
いきなし飛び出して、浮きまくり、これだけ聴くともしや誰だかわからん6.の「ソー・タイアード」。アリス・クーパー大師、そしてキッスが始めたハードロッカーの楽屋裏、化粧を落としてたまには泣き言を言ってみようかなの伝統を見事に受け継ぎ、それに匹敵するもん作っちまったよ。
ジャケ仕事人があまりにも真面目に仕事してしまった為に、怖いよう、悪い人だよ絶対つう偏見を
一度聴けば、
楽しいよう、横浜ドリームランドのお化け屋敷みたいに楽しいように変える貴方はオジーちゃん。

ランディさんとジェイクさん比べますか?

(山)2006.6.12

でかいジャケのページ

入手先参考(日本盤CD、アマゾン)


試聴はこちらで(US盤、同)

ばかだもん動画集

正調ばかだもん

ゲーム?ばかだもん

83年生ばかだもん

もひとつ生ばかだもん



The English translation page : here.

posted by 山 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | O | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

Still the One / Orleans 1976/8

01ma97a3.jpg

*本日の「完璧なシングルを讃える会」は
「スティル・ザ・ワン」
オーリアンズです。76年の8月に登場、最高位5位まで駆け上がった2曲目のキラー・ヒット。1曲目は前年8月の「ダンス・ウイズ・ミー」。それはまた改めてとゆうことで。不遇だったABCレーベルから今が旬のアサイラムに移籍しての2枚目のアルバム「夢のさまよい」からのシングル・カットだ。もうえらいこっちゃ。大好きなバンド、大好きな曲です。自分でも呆れるほど聴いてるのにいささかも飽きず。この飽きなさがベスト10入りの最大の秘密だな。オーリアンズ、それはもうスーパーなバンドなのだ。全員が歌を歌えて、超絶テクのギタリストが二人、そして作る曲はポップでキャッチー、言うこと無し。なのに何でこない人気が無いのか。ひとーつ。オーリアンズつうバンド名。検索するとどどどとニュー・オリンズ関係が出て来て探せない。ってこれは今の話だけんど。ちなんで付けたんでしゃあないか。じゃボストンはどうなるのかって・・・うーむ。ふたーつ。世渡りが下手。世渡りと申しますか
前記のようにレコード会社と上手く行ってなかった。あまり認められてなかったとゆう。スティーリー・ダンに関してはあの慧眼振りを発揮したABC、なんでだかよくわかりませぬ。デビュー時にシングル・ヒット飛ばすかどうかでバンドの運命はやっぱり大きく変わってしまうようで。みーっつ。バンド・イメージが曖昧。出は東海岸、ウッドストックのバンドです。人肌の音楽と切れのソウル・ミュージックの合体。しかし歌は爽やかー。ブレーク後は西海岸。これがウエストコースト・サウンドと言われても何らおかしくない。だって歌が爽やかー。でもイーグルスみたいに無法者のイメージ無いし、メイン・ライターのホール夫妻ののろけ歌が多いてのもありましてカリスマ性なんてのは残念ながら無いな。そこが好きなんだけどよう。よっーつ。ジャケのセンス。これは移籍しても変わらず(^_^;)。「夢のさまよい」もやばいです。男裸。誰がいつも考えるんだか。で、移籍して一番変わったのが、レーベル側の後押しです。気合を入れたプロダクションてのはやる側の気合をも最高にさせる。これだけのバンドだからそこだけが変わっただけでも早速ヒットが出るんだからよう。音楽ってのは周りがいかに重要なことか。幸運だったのはバンドの勢い絶頂期に何とかその後押しが間に合ったこと、ディスコ&パンク登場前の時代の空気にばっちりはまったことだな。

01menu2-1a4.jpg

それでこのシングル「いまだにナンバー1」。勝因はまずテンポだ。BPM125くらい(アバウト)。全米でベスト10に入るためには、良い曲だってのはもう前提で、結局はテンポなのではないかって考えにとりつかれてます。早足で歩くくらいの。理由は山ほどあるかと。聴いてて疲れない。軽く踊れる。DJがかけて前後の曲とつながりがいい。1曲が3分程度に納まる。その時代の速度ってのもあるな。今はもっと速いかと思います。人はそれぞれ生まれと育ちの時間で心地良いテンポってのがあると思うんで、結局は70’sの音楽が好きってのはそこらへんにあるのかもしれない。だから他の時代に育った人にとってはもしかして音楽は音楽としていいとは思っても体にピタっとフィットするかはどうなんだろうかと思い始めている昨今。だから今の時代には駄目かと申すとそうとも言えず。要はもう一回、このテンポの空気になれば良いのだ。退化じゃないぞ。人間なんて100年やそこらでそうは変わらず。昨今インフレ的に加速してしまっただけかもしれませぬ。慣れてはまれば気持ちいいテンポは気持ち良いのだ。で、テンポが合ってればそれでたんたんと8ビートすれば良いかとゆうとそんなことだけでは皆聴いてくれません。ここでやったね、オーリアンズ。「スティル・ザ・ワン」はシャッフルだ。アクセント、食いのあまりないやつ。これは他のバンドはやってないぞ。難しいから。グルーヴの基礎体力が無いとこれをバンドでばっちり決めるのは至難の技です。コピーしてやるとその現実に唖然とするが必須。出だしからロックンロールの基本、ブギのリフでさらっと入って、コードもこれまた何の変哲も無いロックンロール進行(2フレットカポでDとGとA)。ところがメロは超POPのを編み出し、歌は抜けと立ちならこの方しかおるまいのラリー・ホッペンさん。ぐいぐい知らぬ間に惹き込まれて、サビに突入するとD,G,Bm、E,G,A,Dと技有り変化、メロとぴったし寄り添ったこの進行、試しにそこにあるウクレレで弾いてみておくんなまし。ああ、スティル・ザ・ワンだと涙が出て来ます。そしてオーリアンズだからみんな待ってるギター・ソロ。そりゃもうトゥイン・リードだ。緊張感皆無のたらりんこんと聴こえるやつ。ところがどっこい気が付けば細やかなりし技の数々。運指の一つ一つ、ビブラート、ハンマリングオンオフ、弾く為じゃないあくまで歌のために歌うギター匠さん。ソロの後も歌に巧妙に絡んで、ラストはアカペラで全員圧唱、決めて、どばーっとハードに〆る。拍手〜〜〜〜。この完璧な終わり方、1位になって「ジス・ウイーク、なんば1!」って言わせたかった。が、上が凄かったこの時。シカゴにディスコ・ダックに運命76にロウダウン。くー。まあ5位まで全部写真判定みたいなもんだから。最高位1位です。はい。歌詞は・・・夫婦の大ノロケ大会でして。何よりも幸せなのが一番。その幸せぶりもまた完璧なシングルなのだ。
(山)2005.11.21


でかいアルバム・ジャケのページ

入手先参考(アマゾーン)

試聴はこちらで

by Yama
BY AUTO TRANSLATION
SORRY,Mistranslation multi.


*Today's "Meeting to praise a perfect single" is "Steel Za one" Orrianz. The second killer hit that appears in August of 76 years, runs to the fifth first rank place, and goes up. The first is "Dance Uiz Me" in August of the previous year. It is again, too. It is a single from album "Wander the dream" of the second piece that now transfers the register from the ABC label that was the misfortune to the asylum of in season. .It is a loved band, and a loved tune. Even I do not get tired a little though I listen by amazed. This getting tired is the maximum and is secret of best 10 entering. Orrianz and it are already super bands. All members are in the tune that two guitarists of the transcendence tramping make neither obtaining by pop nor say being able to sing. Nevertheless, isn't there popularity that doesn't come by what?Person ..hanging.. .Orrianz band name. Retrieval and the New Orleans relation go out and it is not searchable. Is conversation . today. It is connected and putting. How does Boston become it then? ・・・ ー ..floatage.. ..peel.. .. Cap ..piling up.. .The world contact is unskilled. I said the world contact or it did not go well with the recording label like the above-mentioned. It is admitted too much and. Be to understand well. The fate of the band changes into the single hit after all greatly when debuting whether fly. Seeing ー. The band image is vague. Going out is an east coast, and a band in Woodstock. Union of music of person skin and soul music of cutting. However, the song is fresh. After the break, the west coast. It is not amusing in any way even if said that this is Uestocorst sound. Because the song is fresh. There is no image of the outlaw, and the main writer's Mr. and Mrs.' hall' songs must be and, to our regret, must be charisma like Eagles however a lot of... It is a way though it likes there. ー. Sense of Jake. This doesn't change even if it transfers the register (^_^;). It is "Wander the dream" haze corbicula. Otocohadaca. Who always thinks?
And transfering the register and the most much having changed are the backups of the label side. The yell on the production side that got psyched up is made the highest. Because the hit goes out immediately only of the fact that it changes because it is a band only of this only there, it is a way. In music, is surroundings very important things?Afterwards at the power hight period of the band, managed pushing had been waited without any mistake the air in the age before & blowout appeared of the disco ..in time.. of it was lucky. And, this single "Still No.1". First of all, the cause of victory is a tempo. In BPM125 (about). After all, a good tune it to enter best 10 all over the U.S. has clung to a selfish idea of it not is because of being the tempo by assumption. It walks fast. Is there a reason for the mountain?It listens and doesn't become tired. It is possible to dance lightly. DJ puts and the tune in the back and forth is good with the connection. One is stored at about three minutes. Speed in the age. I think that it is faster now. It is thought feelings good tempo at the time of the birth and each growth, and, after all, favorite is ..person.. ..music of 70's.. around there. It is recent ..beginning the desire.. how what it is whether pita fits the body even if it is thought it is good as ..music.. music for the person therefore who grew up in other ages. Therefore, it cannot be said it is so when I say in the age today it is useless. In short, you only have to become the air of another times and these tempos. It will not be degeneration. Curettage doesn't change 100 years and around there man. No do be known only of the recent inflation acceleration. A pleasant tempo is pleasant if becoming accustomed and fitting in. Everyone doesn't listen only by such a thing with only having suitable of and the tempo and doing indifferently then by eight beats. It is Orrianz here ..doing... "Steel Za one" is a shuffle. Guy who not is because of accent and eating. Other bands will not do this. Because it is difficult. If it doesn't have basic physical strength of the groove, it is a difficult technique that without any mistake decides this in the band. It is indispensable though is actually ..that.. dumbfounded when copying it. And the rock'n'roll progress (It is D, G, and A by two Frettocapo) from beginning go out by the riff of the basis of the rock'n'roll and Bgi it enters, and without the code and this and Cawatets either. Super-POP's is thought out, and the omission and standing the song, only this is Mr. rally Hoppen ..it will be... Mero howeverTechnique having change and Mero, and when can come while not knowing in the with a jerk, and it rushes into Sabi, it is a ukulele that exists by way of experiment there and playing D and G, Bm, E, G, A, and D, and this progress of to draw close. Ah when it is steel Za one, tears fall. And, it the guitar solos of all waiting because of Orrianz it. Then, it is already Tuin lead. Of none at all tension and ..listening... ..thin.. is considerably done and a lot of the technique But hold on if Ki adheres however. Guitar Takumi because of the purpose is not to play it vibrato and hammer on-off ring of Hacosa one by one who sings to the end for song. A cappella, and all last is O, and decides, and is 〆 in hard after solo twining round the song cleverly. Applause. It came in this perfect way to end and 1st place and "1 on the Ges week" wanted to say. However, this time when it was terrible on. Doing in Chicago to disco duck and down of row to fate 76. ..turning over.. ー. Because even all 5th place probably was massaged like the photo finish. The first first rank place. Yes. Lyrics ・・・ It is married couple's large Noroke rally. The happy above all one most. It is the perfectly single happily.

posted by 山 at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | O | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。